調剤薬局が提供する肩こり・腰痛に関する解説するサイト

マッサージを受ける際の注意

「肩こり」「腰痛」を何とかしたいと思い、マッサージ治療を受けたことがある人は多いと思います。けれどマッサージを受けた翌日などに、だるさや痛み、筋肉の張りを感じ、マッサージを受ける前より、かえってつらくなってしまうことがあります。これを「もみ返し」と呼びます。もみ返しは、筋肉の組織に対して必要以上の刺激が加えられたり、硬くなった筋肉を無理にもみほぐそうとした時に、一時的に筋組織が炎症をおこした結果起こります。このようなもみ返しを体験して、マッサージを受けるのが苦手になってしまった人もいるのではないでしょうか。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

効果的なマッサージを受けるために、マッサージを受ける際の注意事項を参考の上、マッサージ治療を受けるようにしましょう。 マッサージを受ける際の注意点としては、食後すぐや強い空腹時、飲酒後は避けましょう。熱のあるとき、皮膚に傷や腫物などの炎症があるときは避けましょう。 もみ返しを防ぐには、疲れが極端にひどい人、マッサージ初心者におきやすいので、そのような人はマッサージを受ける前にその旨を伝えましょう。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

「押されて痛いのはそこが悪くなっているということだから我慢して受ける」という人、あるいは「痛いくらいでないと物足りない」という人もいますが、その後どんどん強い刺激を求めていくようになり、筋肉も硬くなってしまうので要注意です。気持ちいいくらいの強さのマッサージを受けましょう。

 

薬剤師 就職