調剤薬局が提供する肩こり・腰痛に関する解説するサイト

枕と肩こりの関係

腰痛が起こる原因は、筋肉や靭帯が損傷を起したり、骨が炎症したりなど、様々な原因がありますが、女性は先天的に腰痛になりやすい体の構造をしていると言われています。
女性が腰痛を起しやすい理由は、女性は先天的に股関節の成長不全の人が多いこと、遺伝的に婦人科疾患にかかりやすいこと、妊娠や出産で骨盤に負担がかかること、閉経すると骨粗しょう症になりやすいこと、などがあり、男性に比べとても腰痛が起こりやすいことが分かっています。また、女性ホルモンの影響で腰痛が起こりやすいことも分かっています。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

このように、女性は生まれながらにして腰痛になりやすいのですが、それは特に婦人科疾患と深く関わりがあります。定期的に婦人科の検診を受けて、疾患にならないように、または疾患を悪化させないようにすることが大切です。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

女性特有の腰痛が起こる原因に月経困難があります。月経困難は、生理中の出血が多かったり、下腹痛があったり、腰痛があったり、気分が優れないなどの症状があります。月経困難は、遺伝的になる人もいますが、多くは子宮や卵巣に原因があります。子宮筋腫や卵巣のう腫などがそれにあたります。子宮や卵巣にこのような病気がある人は、年齢と共に月経困難がひどくなってきます。あまりに出血がひどかったり、腰痛や下腹痛が激しい場合は、そのような 病気が進行しているか、または悪性腫瘍に変異している可能性があります。

 

薬剤師 求人