調剤薬局が提供する肩こり・腰痛に関する解説するサイト

腰椎椎間板ヘルニアとは

椎間板は背骨を構成する椎骨の間にある軟骨のことで、椎骨にかかる衝撃を吸収するクッションの役割を担っています。この椎間板の周辺部分の亀裂から、椎間板の中心部分である髄核が飛び出して、腰髄の神経根を圧迫して痛みが生じるものが腰椎椎間板ヘルニアです。腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛・下肢痛を起こす代表的な病気です。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

腰椎椎間板ヘルニアでは通常「ぎっくり腰」と呼ばれる急性腰痛が起こります。腰痛のみの場合は、激痛であっても、通常は安静と薬物治療などによって比較的短期間で治ります。しかし、いったん治っても、腰椎への過剰な負担が加わった時に急性腰痛を繰り返すことが少なくありません。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

症状は、腰から臀部、膝の下から足の指にかけて、しびれや痛みがある坐骨神経痛の症状が現れます。坐骨神経痛とは、お尻や足への放散痛(強い刺激を受けたとき、刺激を受けた場所だけでなく、周囲にも痛みが広がっていくこと)お尻、ふともも後面、ひざから足首までの部分の外側や後ろ、足の甲あたりまでがシビレや疼痛をきたします。多くは腰椎椎間板ヘルニアが原因と言われていますが原因は様々です。 また、腰椎椎間板ヘルニアの症状として、脱力感や筋力の低下あるいは知覚障害がおき、歩行中につまずくことが多くなります。まれに、髄核が後方正面に出て、排尿や排便の感覚がわからなくなるような場合は、緊急手術が必要になります。

 

薬剤師 転職